French Lingerie 19th-21th centuty

皆さま、おはようございます。

インポートランジェリーがお好きな方は、主にフランスのランジェリーを

ご贔屓にされているかと思いますが、

本日はそんなフランスランジェリー好きの方へ、とっておきの一冊を

ご紹介させて頂こうと思います。

 名称未設定-2

✧ ‘french lingerie 19th-21th century ‘ CATHERINE ORMAN著

7月のパリ出張の際にフランスを代表するランジェリーブランド、リズ シャルメルの

妹ブランドであるAntigelの担当者から頂きました!

フランスの下着の歴史がたっぷりつまった見応えある一冊です。

表紙のブラも、クラシックな雰囲気がとっても素敵ですよね♡

495787353949

✧19世紀のランジェリーも掲載!こうして見ると、不思議とあまり時代を感じさせません。

フランスランジェリーの原点である、コルセットからガードルへの変貌、

ガーターベルトが生まれた経緯や

レースの美しさを引き立てながらフィッテングの良さを実現するまでの物作りへの情熱、

そしてなんといっても特筆すべきはレースの美しさ!

特に一枚レースもののランジェリーはインポートランジェリー好きにはたまりません!!(興奮)

Lise-Charmel

LISE CHARMELの商品はもちろん、

フランスランジェリーの代名詞であるAubadeやChantelle他

simone PERELE, lejaby, LOU, Barbara, PRINCESSE tam・ tamの歴史あるブックレットなど

本当に見どころ満載の一冊ですので、

後日改めてそれぞれの章をピックアップしながら

下着の歴史についてご紹介させて頂こうと思います^^

次回もこうご期待!

 

カテゴリー: バイヤーの日常 パーマリンク