タートルネック狂によるシルクウール指南書

前回の記事との関連で・・・

Madiva(マディバ)、Artimaglia(アーティマリア)は

所謂肌着ブランドなのですが

中にはジャケットインやアウターとして着用できるトップスなども多々展開しており

私の秋冬のスタイルは、ほぼインナー&アウター両方Madivaを愛用しております^^

中でも私が愛してやまないトップスの1つがタートルネック!

✧(下記は正確に記載するとオフタートル風ですが、、でもこれも好き♥)

madiva-2

 一度着用すると病みつきになる着心地の良さ&

冬はおしゃれより防寒第一をモットーとする私にとって、

タートルネックはまさに理想のトップスなのです。

ただ、ブランドの名誉の為に申し上げますと

madiva-5

✧Madiva/Artimagliaにはこーんな美しくモードなトップスや

2

レース使いが流石イタリア製!な商品も豊富なのですが、私が購入するものはというと・・・

madiva-7

✧かろうじてネックラインと袖口にレースが施されているタートルネックや

(私のワードローブ内ではかなりシャレオツな方)

madiva-8

✧気持ちリブが太めのタートルネックや

(私はさすがにブラは着用しております 笑)

madiva-1

✧馬鹿の一つ覚えのようにタートルとあらばとにかく買いあさり、 

今や私のタートルネックコレクションは

同色各2~3枚 x 7~8色までに展開の幅を広げ

しかも飽きもせず毎年リピート&新色(それも傍目には同じに見える)

買い足してしまうので、

クローゼットの冬用トップス引き出しはタートルオンリーで大変な量に・・・(でも身体は一つ)

1

✧この2色のタートルカラーはまさに私の冬の定番スタイル。

アクセサリーやボトム、さらにはどことなく髪型までもが似ており

本当にこのままだったので笑ってしまいました!

おそらく週4はこんな感じの着こなしで、

といっても私としては毎日ちょっとずつ異なるカラーのタートルを着ているのですが

周りには間違いなく極端にレパートリーに乏しい秋冬コーディネート

もしくは毎日同じ服を着ている人だと思われている模様・・・

(しかしながら私はこのスタイルを変えるつもりは毛頭ありません!)

madiva-11

✧小物やボトムによってはドレスアップも出来るので

私も一年に一度くらいはこのような着こなしを楽しんでいる・・

ような気がするようなしないような・・・。

一見ごく普通のタートルに見えるのですが、私のこだわりは

ネック部の生地が長く、首に密着するかどうかで選びます。

日本のものだとタートルネックという名のものでも

着用するとオフタートルの長さだったり、

着ている間にネック部の生地が伸びて下がってきたりするのが

この上なくストレスだったのですが、

Madivaのリブタートルだとそういったことも皆無な上

とっても温かいので手放せなくなり早〇年・・・

しかも上質なシルクウールですので、きちんとお手入れをすれば

シルクのあの独特のシャリ感を保ちつつ、3年、5年と着用できるのも

とっても嬉しいポイントなのです。

ランジェリーショップのお客様もインナー愛用者が多い為

取り扱い店も意外と多いですよ♪

是非お近くのランジェリーショップや百貨店に

イタリア製のインナーがあるか問い合わせてみて下さいませ^^

もちろんルシフォンでもたくさんご用意しておりますね♪

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カテゴリー: 個人的ランジェリーコレクション パーマリンク